面白い教材

最近、RC部品メーカーのZENの社長が興味深い内容をブログに掲載されています。
というわけで、かなり久しぶりの考察シリーズです( ´∀`)

自分のような万年中級者にとっては、素晴らしい教材だと思いました。

そちらのブログから転用させていただきますが、ZENサーキットを例にした「狙うべきべきライン」が載っていました。


なんとなく眺めているだけだと、もったいないので一度ラインを消して、自分のイメージするラインをお絵かきしてみました。


見比べてみると、各コーナーの進入でアウト側に膨らみすぎているのが分かります。

言い訳すると、自分の運転に自信が無いので、多少曲がりすぎても曲がらなくてもごまかしの効くラインを選んでるつもりです(汗)

しかもこういうラインの方が、コーナー立ち上がりで早く加速し始められるはず、という考えもありましたし、コーナーのRは大きくとりたいし・・・などなど、
こういうラインも「あり」だと思っていました。

それに全体的なイメージは同じだし、距離もたいして変わらないから大丈夫、と思ってました。


ここで画像の長さを測るフリーソフト「ImageJ」を使って、各ラインの長さを比較してみました。

 

ZEN推奨ライン:3840(ピクセル)

OKUREイメージライン:4182(ピクセル)

 

自分のイメージしているラインの方が、10%近く長い!!!結構な差ですね。。。

1周約130mらしいので、もし同じ速度なら1周で10mくらいは差が付くのでしょう。(*_*)

 
これを同じタイムで走ろうと思うと、全体の速度を10%上げないといけません。
平均速度が30km/hなら、33km/h、その差は時速3kmです。

もし仮にコーナーのRが緩い分、コーナーの速度がこれだけ上げられたとしても、加速でもこれだけ差をつけるのは難しいですね。。。

ということで、「今後はもっとタイトなラインをイメージして走らせよう!」、という結論です。セッティングもそういう方向に。。。できるかな?f(^_^;

まずは、540モーターくらいのまったりな車で、運転とセッティングの悪い癖の修正からですね♪

スポンサーサイト

2017-11-13 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OKURE

Author:OKURE
RCカーでレースを.ホームコースは奈良の峠サーキットでしたが、仕事の都合で栃木に
移り、今はBRCサーキットがホームです!
基本的に「おかねは掛けすぎない.」「作れるものは作る.」の精神でRCを可愛がっています.

2011年2月 TA05からTRF416にマシンを変更.
2011年7月 TRF416Xにマシン変更
2012年2月 TRF416Xをベースに自作シャーシ416Rを製作.メインマシンに.
2012年12月GPツーリングデビュー RRRゴムタイヤ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセス