屋外アスファルトでの12用タイヤ

BRCサーキットで、R5.1のタイヤテスト。いつもの2セル21.5Tです。


今回ようやくいい感じに走れるタイヤが見つかりました♪


BRCサーキットはグリップ剤禁止の屋外アスファルト(細粒)コースなので、
エンジンカーがNASA燃料で路面を上げているとはいえ、グリップを確保するのが難しいです( ノД`)…サラサラなので

前回まではフロントヨコモCRTミディアム、リアカワダLラバー30の組み合わせだったんですが、どうにもリアのグリップ感が薄く、立ち上がりで巻き込みがちでした。

今回はとりあえず同じタイヤで、リアのサイドスプリングを少し硬めにしてみました。
選んだスプリングはアソシグリーン。
昔の(?)定番スプリングらしく、いろいろなセッティングシートでもこれが割と使われていたので。

変えてみたところ、巻き込みがちな部分はだいぶ改善されました。
前のモロテックのソフトだと、アスファルトには柔らかすぎたのかもしれません。
カーペットと違い、アスファルトだとシャーシを擦らせて走るわけではないので、ある程度の硬さがいるのかなと解釈しています( ̄▽ ̄;)

ここで本題のタイヤテスト。

リアタイヤをヨコモRラバーに変更してみます。
商品説明によるとアスファルト路面だとリアはRラバーがいいとのこと。

2層タイヤなので径が小さいのが悲しいですが、かなり安いタイヤですし、最初からいい具合の径で使えるのならいいかなと。
タイヤを整えて43.5mmスタートでした。(あと1mm大きければなぁ。。。f(^_^;)

走らせると、いい感じにグリップします!(*´ω`*)

結構握って立ち上がれます。
リアタイヤはこれで良さそうです♪
そしてリアがグリップするようになったおかげで、アンダー気味になりました。
これまでのことを考えると、嬉しい悲鳴です(笑)

というわけで、フロントタイヤも変えてみます。
商品説明によるとアスファルト路面だとフロントLラバーと組み合わせるといいようです。
ちょうどクレスト用に作ったLラバー(φ42mm)があったので付けてみました。

走らせてみると・・・
ヨコモさん推奨の組み合わせは正しかったです、はい(笑)(^^)d

CRTミディアムよりも確実にグリップがよく、コントローラブルになりました。
少し神経質にも感じましたが、十分セッティングで何とかなるレベルだと思います。

そして気になるタイヤの減りは1パックで0.5mm+αと、思ったよりも減りませんでした。
とはいえスタートの径が44mm以下と小さいので、実質4~6パックくらいしか使えませんね。。。
2層タイヤの外側はちょっと長めに切って、適当な中古タイヤの上から貼ってみてもいいかも。(^_^)

この日は比較的グリップが良かったこともありますが、自己ベストを0.1秒更新の
19.4秒を記録♪
タイヤが十分にいけてるという証拠ですね(* ̄∇ ̄*)

というわけで、BRCサーキットの12用のタイヤは
 フロント:ヨコモ Lラバーソフト 2層 600円/4セット
 リア:ヨコモ Rラバー 2層 1000円/4セット
で問題なさそうです。
これはコスト的にも嬉しい発見です。1日2セット使ったとしても、タイヤ代800円ですから。
両面テープ派の僕は、ホイールも使いまわせるので~。
(カワダPラバーとか、モロテック国士無双とか、もっと喰いそうなタイヤはありますが、どれも倍くらい高いので(汗))

しかも個人的には、フロントLラバーソフトはクレストでも使えるので、適度に減ったものをクレスト用に 取っておけば最後まで楽しく使い切れそうなのも魅力的ですね(^^)♪

スポンサーサイト

2017-05-17 : 12EPR : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
ホーム  prev »

プロフィール

OKURE

Author:OKURE
RCカーでレースを.ホームコースは奈良の峠サーキットでしたが、仕事の都合で栃木に
移り、今はBRCサーキットがホームです!
基本的に「おかねは掛けすぎない.」「作れるものは作る.」の精神でRCを可愛がっています.

2011年2月 TA05からTRF416にマシンを変更.
2011年7月 TRF416Xにマシン変更
2012年2月 TRF416Xをベースに自作シャーシ416Rを製作.メインマシンに.
2012年12月GPツーリングデビュー RRRゴムタイヤ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセス