TTT まとめ①

FacebookでXRAYのサポートドライバーであるハグバーグ氏(Alexander Hagberg)がTech Tips Tuesday と題して、様々なノウハウをアップしてくれています。まだT4についての内容ばかりですが、NT1についても書いてくれるそうなので注目したいと思います。

ただ、英語で見返したいとき不便だなと思ったので、自分用にまとめておきます。

12/27
ボディマウント位置について
LTC-RをT4にマウントする場合、フロントウインドウの前端からボディポストまでの
距離が71mmになるようにする。これをアスファルトでの基本位置としている。
ボディを前にずらすほどフロントのダウンフォースが上がり、コーナー進入時の反応がよくなり、全体的にアグレッシブな動きになる。
カーペット路面では上の値が74~75mmになるようにし、マイルド方向にセットする。
カーペットでは曲がりよりもリアの安定感を重視する。

高さは、XRAYアジャスタブルマウントを使う場合、フロントは下から7番目の穴、リアは4番目の穴を使う。ボディマウントは前後とも10.6mmに合わせる。
アスファルト路面ではもっと曲がるようにフロントを0.5mm下げる場合もある。
ただし、フロントリップが路面に干渉しないように注意する。ボディ位置を前後させる場合は、フロントのボンネット部分がカーブしているので、上下する分を修正する。
フロントリップの厚みは2.5~3mm残してカットする。リップを薄くすることでフロントをより下げられるようになる。


1/3
静止状態のキャンバー角の走行後の変化について
この変化を最小にする方法が分かった。六角ハブは小さいネジでアクスルに固定されている。
このネジを締めこんだ時に、ハブが変形して外側に出てくるので、静止状態のキャンバーに影響する。
オプションの薄型ハブの場合、この変形が多くなる。
この対策として、小さいネジを締める前にホイールナットやセットアップツールのナット使ってハブをピンに押し付けてから締めるといい。

1/10
ウエイトについて
昨今のトレンドであるアルミシャーシを使っても、重量制限に合わせてかなりのウエイトを積む必要がある。
ウエイトでハンドリングを変える余地がある。
前輪側にウエイトを積むほど、車は安定傾向になる。
フロントバンパーにウエイトを積むことで、ハイグリップカーペット路面などでハイサイドするのを防いだ。
ただしかなりハンドリングは悪くなるので、必要なければここにはつけない方がいい。
ウエイトでハンドリングを調整する場合、まずはフロント側にウエイトを積んで、リアの安定感を出したい場合に、必要に応じて後ろに移していく。ただし、基本的には車両中心付近が好ましい。

バッテリーはORCA6800を使っていて約280g。バッテリーが重いと重心が上がるだけでなく、
車の中心から離れているのでバッテリーは必要なパンチと走行時間に合わせて、無駄に大きくしない方がいい。
またモーターやESCの位置も少し動かすとハンドリング特性が変わる。
例えばスパーとピニオンを小さくすれば、モーターは後ろに動かせる。

1/17
リアウイング固定について
3mmのネジ穴に対して4.5mmの長穴を開けて、ウイングを前後に動かせるようにする。
ウイングを数ミリ前にずらすだけで、ステアリングの反応がよくなり、リアのトラクションが減る。
このときワッシャーなどで座面を大きくしてしっかりと固定する。
ウイング位置はボディマウント位置と同じくらい重要である。
ノギスでウイングが中央に来ているかを確認する。

1/24
舵角設定について
まずフロントのトーアウトを左右同じになるようセットする(トーアウト1.25度)。
Cハブにシム(0.3mm)を貼り付けて、ステアリングの最大切れ角を制限する。
これにより左右の舵角を簡単にそろえることができる。

最大切れ角は29度に設定する。これはトーアウト、アッカーマン、公差などによって変化する。
オプションのステアリングリンク(#302525)を使うと細くなる分、3~4度舵角が上げられる。
Cハブに付けたシムとナックルが当たるか、センターポストにステアリングリンク
が当たるかで、ステアリングがロックされるようにする。(ロッドエンドは余計な力を受けずに動くようにしておく)
左右の舵角が異なる場合、タイロッドが同じ長さでない場合があるので確認する。
それでも解決しない場合、サーボの固定を緩めて、切れ角が上がるようにサーボを前後させ、いい位置にくるまで何度か調整する。

定期的にまとめようと思います。

スポンサーサイト

2017-01-30 : メモ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OKURE

Author:OKURE
RCカーでレースを.ホームコースは奈良の峠サーキットでしたが、仕事の都合で栃木に
移り、今はBRCサーキットがホームです!
基本的に「おかねは掛けすぎない.」「作れるものは作る.」の精神でRCを可愛がっています.

2011年2月 TA05からTRF416にマシンを変更.
2011年7月 TRF416Xにマシン変更
2012年2月 TRF416Xをベースに自作シャーシ416Rを製作.メインマシンに.
2012年12月GPツーリングデビュー RRRゴムタイヤ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセス