NT1にMTX6クラッチ

先日の記事で、クラッチベルを京商から無限のMTX6用に変えましたが、ようやくクラッチ全体をMTX6用に出来ました。

ただNT1にそのまま使うとちょっと問題があります。


問題は、ピニオンのバックラッシュ調整幅がギリギリすぎて、バックラッシュを適切なところに合わせると、クラッチが外側に出たときにスパーがなめます。

なので、対策としてスパーとピニオンの位置関係を0.5mmほどずらします。

まず、テーパーコーン

エンジン側になる大径側の面を0.2mm削りました。もう少し削ることもできますが、結構シャーシとの干渉もギリギリなので気をつけてください。

ここで削った分はクラッチのクリアランス調整用のシムを標準より0.2mm増やすことで合わせられます。

で、あと0.3mmはメインシャフトで調整。

写真のプラパーツを0.3mm削り、スパー側に0.3mmのシムを入れました。
このとき、プラパーツのベアリング側は若干径が小さくなっているので、プーリー側を削ってください。

あとこれは参考ですが、クラッチの径が小さいです。京商は33mmに対して、無限は30mmなので、シャーシからクラッチが離れます。
現物を見るとエンジンマウントを削ってエンジンを下げたくなります。クリアランス的に2mmまでは下げられそうなので、機会があれば削りたいですね。

あとフライホイールがだいぶエンジンよりなので、スターターの位置も合わせ直した方がいいですね。

これでとりあえずNT1でMTX6用クラッチが使えそうです。

スポンサーサイト

2017-01-22 : NT1 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OKURE

Author:OKURE
RCカーでレースを.ホームコースは奈良の峠サーキットでしたが、仕事の都合で栃木に
移り、今はBRCサーキットがホームです!
基本的に「おかねは掛けすぎない.」「作れるものは作る.」の精神でRCを可愛がっています.

2011年2月 TA05からTRF416にマシンを変更.
2011年7月 TRF416Xにマシン変更
2012年2月 TRF416Xをベースに自作シャーシ416Rを製作.メインマシンに.
2012年12月GPツーリングデビュー RRRゴムタイヤ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセス