タイヤの使い方についての考察

なんだかダンパーについてがうやむやですが,もうちょっとまとまってから
書き直そうと思いますのであしからず.

今回は夏タイヤと冬タイヤでよい使い方が違うと思ったのでまとめておきます.

大きな違いはインナーがスポンジかモールドインナーか,だと思います.
実車で言う空気圧+タイヤ接地形状が違うことになり,
走りでは「転がり」が圧倒的に違います.
これは多くの方が体験している通りだと思うので特に書きません.

個人的に気にしているのはタイヤ接地形状(フットプリント)で,
実際にフットプリントを取ってみました.
(写真は後日アップ予定)
オイルをタイヤに塗って,量りの上で何パターンかの荷重時を想定.
(微妙に垂直が出てないかもしれませんが・・・)

結果として,夏タイヤは四角いフットプリント,冬タイヤは
角が丸いフットプリントが得られました.
で,ここであの浜島さんから聞いた知識を適用すると,
夏タイヤは「対地キャンバーをできるだけ0にして(路面に垂直に)
加減速に強く」,冬タイヤは「少しネガキャンにしてキャンバスラスト
(バイクのようにタイヤの傾きで曲がっていくような力)を生かして
コーナリング速度を上げられる」と考えられます.

・・・だから?って感じの内容ですよねー.


別にサスペンションを設計できるわけでもないので,
「常に対地キャンバーを0にできるような設計」はできませんが
夏タイヤでは,最大グリップを求めるならできるだけキャンバーを
立てるほうがいいのかと.
というわけで先週Fキャンバーを変えてテストしましたが,ポジティブキャンバに
なると極端にグリップしなくなりますが,そこまでは立てるほうがいいように
感じました.結果,イニシャルキャンバは1度以下(たぶん0.8度くらい)で
落ち着きました.
このほうがタイヤの減りも抑えられてエコですし,タイムも出てるので当面は
これですかね.まだキャンバ変化量,スキッド,キャスターなど変更の余地はありますが
このへんはちょっとずつ調べてみようかと・・・.

あとはじめのフットプリントに話を少し戻すと「キャンバーが付いてる時の接地面」も
取ってみました.結果,夏タイヤはあまり変形しないので面積の変化が大きいです.
形状は三角形でした.
とりあえず僕の結論としては
「夏タイヤの方がキャンバーに敏感(だと思う)」
ということです

ただ実際には「そこまでグリップがいるのか?」ということと
「ほんとに垂直になってるのか?」ということ,また
「きちんと比較できているか」ということなどが疑問です.
ラジコンのタイヤは実車で言えば「鬼グリップタイヤ」なので
垂直に立てなくてもグリップが十分でむしろグリップが抵抗になることも
考えられなくはないので,それなら多少ネガキャンを付けて逃がした方が
いいのかもしれません.
また強大なグリップ力がタイヤの下端に掛かっているので,キャンバー方向に
変形していることも考えられます.とりあえず走った感触で決めたので
正直確証は持てません・・・.
比較については,ニュル並みにころころ変わる(?)峠の路面ですからねw.
きちんと比較できているかは微妙なので,できれば他の方の感想も聞きたいです.

と,こんな感じです.
今週末は残念ながらラジできなくなったので,ストレス発散のために書いてみました.
あー走りこみたいー

スポンサーサイト

2011-04-22 : 考察 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
自分の考えも大体同じです。
キャンバーはガタの分を差し引いて1.5くらいかな?
コーナーで荷重かけていくとわずかに0~0.5度くらいになるようにと考えてます。当然逃がすことも考えて。車によって変化量やガタが違うので常に状態は把握しとかなあかんですね。^^;
2011-04-22 22:49 : KAWA URL : 編集
>KAWAさん
スーパーメカニックKAWAさんと同じ考えとは光栄です!
X-rayで1.5くらいだったら,タミヤはもっとガタで喰われてそうなので同じキャンバー変化ならもっとネガキャンにしないといけないんですね・・・.でもアッパーが長いからKAWAさんの方がキャンバー変化少ないんですかね?
とりあえずもっとキャンバーをちょこちょこできるようにターンバックルレンチでも作りますw.
2011-04-22 23:13 : OKURE URL : 編集
No title
まったく言われるとおりです。
タミヤだったら2.0って思ってます。
2011-04-22 23:29 : KAWA URL : 編集
No title
おお!
やっとガタによる実キャンバーの減りとホイル剛性不足からくるキャンバーの減りに気付いてくれたね。
夏タイヤはホイルも含めて剛性が高いのでタイヤ外側の角(肩と言ってます)を使いすぎないようにね。
肩を磨耗させすぎるとトレッド面が残っていてももっさりタイヤになってしまいます。
2011-04-22 23:55 : ひでぼん URL : 編集
>ひでぼん師匠
なるほど肩の摩耗に注意しないといけないんですね.
減りすぎると結局トレッド面が持って行かれるような格好でレスポンスが落ちるんですかね.注意します.

走行中のキャンバーの実測とかしたいんですけどねーw.実車ですら難しい気がしますが
2011-04-24 10:43 : OKURE URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OKURE

Author:OKURE
RCカーでレースを.ホームコースは奈良の峠サーキットでしたが、仕事の都合で栃木に
移り、今はBRCサーキットがホームです!
基本的に「おかねは掛けすぎない.」「作れるものは作る.」の精神でRCを可愛がっています.

2011年2月 TA05からTRF416にマシンを変更.
2011年7月 TRF416Xにマシン変更
2012年2月 TRF416Xをベースに自作シャーシ416Rを製作.メインマシンに.
2012年12月GPツーリングデビュー RRRゴムタイヤ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセス